栃木県の地名

関東地方

栃木県といえば、宇都宮の餃子・日光東照宮・鬼怒川温泉・いちごなどで有名です。
日光東照宮は徳川家康が祀られている神社です。
有名ないちごの品種、とちおとめは、1996年に栃木県で誕生しました。ご想像どおり、とちおとめの「とち」は栃木の「とち」です。
栃木県の地名をまとめたので、ちょいと勉強してみましょう!

栃木県の市

栃木県には14の市があります。茨城県は32市あるので、それに比べればかなり少なめです。
栃木県にある市の名前を14個すべて記憶することも不可能ではありません。
私は今日まで知らなかった市が7つもあったので、すべて記憶している人は少ないと思います。
すべて覚えれば自慢できます。挑戦してみましょう!

それぞれの市の位置もチェックしてみましょう。
市の名前をクリックすると、Google Mapで位置を確認できます。

宇都宮市うつのみやし
足利市あしかがし
栃木市とちぎし
佐野市さのし
鹿沼市かぬまし
日光市にっこうし
小山市おやまし
真岡市もおかし
大田原市おおたわらし
矢板市やいたし
那須塩原市なすしおばらし
さくら市さくらし
那須烏山市なすからすやまし
下野市しもつけし

栃木市があるのに、栃木県の県庁所在地は宇都宮市です。これは珍しいパターンです。
ちなみに、栃木県が設置された1871年(明治4年)の時点では、栃木市が県庁所在地でした。1884年(明治17年)に県庁が宇都宮市に移転しました。

佐野市のゆるキャラ「さのまる」は、2013年ゆるキャラグランプリで優勝しています。
佐野ラーメンのお椀の笠をかぶり、いもフライの剣を腰にさしている犬侍です。

日光市には、1日では回りきれないほどの観光スポットがあります。
日光東照宮だけではなく、鬼怒川温泉もあり、さらに華厳の滝、中禅寺湖まであります。さらに日光江戸村、東武ワールドスクウェアもあります。

栃木県の郡

栃木県は14の市と5の郡で成り立っています。
そして、郡の中に町があります。
ですから、住所が「栃木県〇〇郡△△町」となるわけです。

郡というのは地理的区画にすぎず、行政区画ではありませんので、「郡役所」というものはありません。「郡長」もいません。

まずは郡から見ていきましょう。
郡の名前をクリックすると、Google Mapで位置を確認できます。

河内郡かわちぐん
芳賀郡はがぐん
下都賀郡しもつがぐん
塩谷郡しおやぐん
那須郡なすぐん

5つなのですぐに忘れてもいいなら1分で覚えることも可能です。
忘れたらもう一度覚え直すということを繰り返せば記憶は定着します。

栃木県の町

栃木県には11の町があります。なんと栃木県に村はありません。
東京にも村は8つもあるのに栃木にはないのです。驚くほどのことでもないのですが…。
気が向いたらすべて覚えてみてください。そんなに難しくないと思います。

町の名前をクリックすると、Google Mapで位置を確認できます。

河内郡

上三川町かみのかわまち

1つの郡に1つしか町や村がないケースもあります。
以前は他にも町村があったのですが、合併・編入を繰り返し1つだけになりました。

芳賀郡

益子町ましこまち
茂木町もてぎまち
市貝町いちかいまち
芳賀町はがまち

下都賀郡

壬生町みぶまち
野木町のぎまち

壬生町と野木町は離れていますが、以前は間の町村も下都賀郡でした。しかし、他の市に編入になったり合併して新しい市を作ったりして、同じ下都賀郡なのに2つの町が離れている状態になりました。このようなケースは全国で多く見られます。

塩谷郡

塩谷町しおやまち
高根沢町たかねざわまち

那須郡

那須町なすまち
那珂川町なかがわまち

那須郡も2つの町が離れているパターンです。

栃木県には14市5郡11町があることを知りました。全部足しても30です。
茨城県は市だけで32もあるので、栃木県の14市5郡11町を全部覚えることも、それほど苦しくはありません。ぜひ記憶して、栃木県の地名に詳しい人になりましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました